Our Services

[ 私たちのサービス ]

全ての保険加入者様に、正しい知識と正当な認定を

火災保険は多くの方が間違った認識を持たれています。

 

正しく理解して保険申請をするのは加入者の当然の権利です。

 

私たちは、お客様が安心して保険金を受け取ることができるように、優良工務店と業務提携を行ない、弊社顧問弁護士による徹底した法令遵守のもと、

 

法令に則ったコンサルティングサービスを提供しています。

優良工務店による建物調査

全国に優良工務店網を構築している一般社団法人日本住宅修繕協会と提携することで、損害発見率の高い家屋調査が可能です。

建築士による申請資料作成

建築士法に定められた資格を保有する建築士が工務店による調査結果をもとに、損害状況を現場写真・見積書・被害状況報告書にて正確に表現して作成します。

弁護士による代理申請

本来、保険申請を加入者以外の人が代行することは不法ですが、唯一代理申請ができるのが弁護士です。
司法に則り、保険金請求書類の記入から被害報告まで弁護士が行います。

優良工務店をかかえる社団法人と提携

全国に優良工務店網を構築している

 

一般社団法人日本住宅修繕協会と業務提携を組み、

 

全国からの家屋調査の依頼に対応しております。


定期的な研修と指導を受けている優良工務店のみ抱えているため、

 

全国的に高い損害発見率を維持しています。

弁護士によるコンプライアンス管理

本来、保険申請を加入者本人以外の人が代行することは違法になります。

 

しかし、素人が行うには複雑で面倒な保険申請。

 

そこで唯一代理申請が可能なのが弁護士です。

 

私たちのサービスでは司法に則り、保険金請求書類の記入から被害報告まで

 

弊社顧問弁護士が行うことも可能です。

サービスについて分かりやすくまとめたムービーをご覧ください

Complete performance reward type

-完全成果報酬型-

保険金のお受け取りができた場合のみ、保険金に対して一定の報酬割合をお支払い頂きます。
保険金が下りなかった、また調査をしても保険を申請できる箇所が見つからなかった場合等は一切ご請求はございません。

火災・地震保険について正しく知っていますか?

POINT 01

火災以外にも様々な被害に対応

火災保険は台風・雪・雨・雷などの自然災害など

多くの被害に対応できる保険です。

また被害の大小ではなく事故原因が補償範囲かが重要なため、

ご自身で被害の実感がなくても

保険金を受け取れるケースが多いのです。

地震保険にも入っていれば、

地震やそれに伴う火災や津波などの被害も補償範囲となります。

POINT 02

何回使っても保険料は上がらない

火災保険は自動車保険などとは違い、

等級制度がないため何回使っても

保険料が上がることはありません。

また被害に遭う度に何度でも使うことができます。

POINT 03

工事は必須ではない

保険金を受け取った場合、

工事を行うかどうかはお客様の自由です。

ご自身のペースでゆっくりと

使い方を検討していただくことができます。

POINT 04

保険の請求権は3年

火災保険の請求権(時効)は3年です。

申請を先延ばしにしてしまうと、

本来受け取れたはずの保険金を

もらい損ねる可能性があります。